ポピっこの口コミ評判

ポピーの口コミや評判を徹底検証!これがポピーの本気

▼MENU

人生初のポピー教材、ポピっこ口コミ幼児の評判


幼児ポピーはポピっことして販売され、それぞれのコースは年齢ごとに別れ、4種類の呼び方になります。

ポピっこ
・ポピっこももちゃん<2歳~3歳>
・ポピっこきいどり<3歳~4歳>
・ポピっこあかどり<4歳~5歳>
・ポピっこあおどり<5歳~6歳>

ポピっこと一言でまとめられがちですが、それぞれ別の教材になり、重視しているポイントも違ってきます。


2歳~3歳のももちゃん3歳~4歳のきいどりの口コミや評判


ポピーシリーズでは最初に手にする教材「ももちゃん」
こころ・あたま・からだのの3つの柱を中心にした教材です。

こころ:親子間のふれあいを通じ気持ちを育む
あたま:考えてる力を付けて伸ばし、知識を豊かなにし、数字を理解
からだ:日常生活を通し社会生活に対応出来る順応性を高める


本格的な勉強スタイルでは無く、このように「こころ」「あたま」「からだ」の基盤作りがメインになります。

特にこの頃の年齢では、色々と興味を持ち始め、インプットとアウトプットが目に見えてきます。
親と子供とのコミュニュケーションがより噛みあってきますので、からだを使った遊び方や、更に一歩進んで社会の順応性を高める工夫などが盛り込まれ、また、簡単な数字を理解する知識にっいても遊び感覚で自然に学べるような教材となっています。

バランスが良い教材です。


4歳~5歳のあかどり5歳~6歳のあおどりの口コミや評価


ポピっこ「ももちゃん」「きいどり」の次にくる年中さん用の「あかどり」そして年長さん用の「あおどり」

年少期にくらべどんどん出来る事が増えきますので、それに見合うように作られている教材です。
例えば、「ももちゃん」「きいどり」では親子でコミュニュケーションを通じ親子で遊ぶページが多かったのですが、反面「あかどり」「あおどり」では、一人で遊び学びが出来るページも増えています。
また、頭と使いながら学ぶパズルや書いて学んだり、シールを貼って合わせるなど好奇心をそそりながら自然と学べ、一人でも「出来た」という達成感、出来る感覚を補ってくれると思います。

そしてこの年齢では気になるのは次の小学生
次のステップアップ小学生へとなる準備も考えなければなりませんが、それに合わせ基本的な文字、数字など前準備の教材として活用できるとしても、口コミの評判も良好です。


ポピっこの評判は

ポピっこの口コミの評価は良いです。
ランキングサイトのイードアワードでも最優秀賞幼児ポピー「ポピっこ」です。※2014年度
内容も多すぎず少なすぎずで丁度良い感じで、学費が月刊980円という定額な設定が魅力です。

教材は初めてで不安・経済的に負担の掛からない教材と言う方、最初に試してみると良い教材ではないでしょうか。



【トップ記事】
ポピー教材の口コミや評判を徹底検証のページはこちら



トップページ

ポピー口コミや評判まとめ

ポピー利用者の声

学習のコツ(ポピー活用術)