ポピーの口コミ評判 教科書

ポピーの口コミや評判を徹底検証!これがポピーの本気

▼MENU

教科書に準拠した月刊ポピーで点数UP

アメリカ駐在で、すっかりに抜けてしまった日本の学習


私達家族は1年生の途中から3年生までアメリカに住んでいました。
1年生でカタカナまでは習ったものの、その先の日本語学習はアメリカでの家庭学習のみ。
「アメリカにいるうちは英語を伸ばしてほしい」という気持ちもあり、正直日本語の勉強は後回しになっていました。
とは言っても家でドリルを使って勉強をしていたのでどうにかなるかなと思っていました。

ショック!カタカナもわからない息子。
私のせいだから、私が家で見てあげなくては


そして2年間の楽しいアメリカ生活を経て帰った私達家族ですが、いざ日本の学校に入学しようとした際、息子の日本語力が飛んでも低いことに気づいてしまいます。
なんとカタカナでさえも怪しいのです!息子はそのとき3年生。
他の子よりも2年以上遅れていることになります。
アメリカでは天才児扱いだった算数も、日本ではクラスで下から数えたほうが早いレベル、、。
とにかく日本の子は算数の能力が高いのです。(アメリカでは九九もありませんでした。)
自信をなくして日に日に元気がなくなる息子。
学校でもフォローしてくださいましたが、プラス家庭学習が必須だろうと感じ、通信教育を始めることにしました。
塾などの選択肢もありましたが、息子が大勢の中で恥をかきたくなかったようですし、私自身アメリカで日本語教育をおろそかにしてしまった負い目があり、私がマンツーマンで基礎学力まであげてあげたいという思いがありました。


私も小さいころお世話になった「月刊ポピー」


とにかく学校の勉強についていくことを第一目標にしよう!と心に決めた私達家族。
理解できているかできていないかは置いておいて、とにかくテストで良い点が取れれば息子の自信につながるだろうと思っていました。
そこで私が思い出したのは、自分が小さい頃やっていた「ポピー」
私は当時バレエに忙しく、学校の勉強を適当にしておりテストがいつも散々でした。
見かねた母が
ポピーなら学校の教科書に準拠していて、テストを作っている会社と同じところだから、家で問題をといておけば似た問題が絶対テストに出るよ」
とアドバイスしてくれ、ポピーを始めたのでした。
そこから私も学校で良い点数がとれるようになったので、息子にもやらせてみようとおもったのです。

学校のテストを作っている会社と同じだから、似た問題がたくさん!
テストで良い点数が取れるようになりました


ポピーを始めてから我が家の勉強スタイルも変わりました。

3年生まで色々抜けている部分はあるけれど、とりあえず学校の授業をベースに家庭学習を進めようと心に決めました。
それまではどこから手をつけたら良いかわからずてんやわんやだったのです。
まず学校から帰ったら「今日は教科書のどこまでやったか」を全教科チェック。
やった部分をポピーで学習。
小テストがありそうか、など細かい部分まで子供に聞くようになりました。
子供も先生がテストをやろうしているか、次はどんなことをやろうとしているかなど集中して授業を聞くようになりました。
明日はテストだ、とわかっている日はギリギリ前の晩にポピーのテストを実施。
そうすれば次の日の朝まで覚えていて、かつテストではポピーと似た問題が出るので(テスト用紙までそっくりです)、とりあえずめちゃくちゃな点数は取らなくなりました。
そうこうしているうちにどんどん成績が上がっていき、ポピーをきちんとやっていれば学校でのテストは大体満点を取れるようになり、それに伴いそれまで抜けていた低学年の学習もいつのまにか補われていました。

ひとつひとつの教科書に完全準拠した教材でがっちりサポート
学校の教科書に準拠していて、教科書の会社ごとに教材が用意されています。
なので他の通信教育でよくありがちな、「学校とやっている範囲が違う」という問題が起こりません。
そこまでやっている大手通信教育会社はなかなかないと思います。



【トップ記事】
ポピー教材の口コミや評判を徹底検証のページはこちら



トップページ

ポピー口コミや評判まとめ

ポピー利用者の声

学習のコツ(ポピー活用術)