続けやすい信頼ポピー

ポピーの口コミや評判を徹底検証!これがポピーの本気

▼MENU

続けやすい信頼ポピー


今現在4歳になる娘だけの3人家族です

教材はポピっこ あかどり


まずは無料体験ができちゃう


インターネットで自宅で体験版ができるというのを見つけて早速応募しました。

もともと本屋さんで、知育の本やひらがなの本を毎月購入していたこともあったので、毎月送られてくる教材のようなものを1度試してみたかったのが理由です。


続けやすい信頼ポピー


私が子供の頃からポピーの存在は知っていたものの実態はわからなかったのですが、やはり1度教材を送ってもらって娘と一緒にやったところ、娘の反応がよかったのが一番の理由でした。

続けやすい信頼ポピー
自分で紙を切ったり貼ったりして作る工作の過程や、できたものを活かして表現する教材の内容も、娘が仕事から帰ったお父さんにもう1度見せたくなるくらいお気に入りのものになっていました。

そして、親がどのように子供に問いかけたらいいか、常にヒントが書いてあるのもポイントが高かったです。

教えるのもやはり工夫がいるもので、市販の教材では「なんでわからないの?」と思うことが多々あったのですが、その問いかけの仕方(親側)にもやり方があることに気づかされました。

そして、なにより継続していくにあたって、価格がすごく良心的であることも選んだポイントになります。


遊びながら学べる


まだ3歳だった頃から始めましたが、子供の好きなシール貼りで娘自身も遊び感覚で始められたことがきっかけとして入り込みやすかったと思います。

1ページが終わると「できたよシール」を貼ることで達成感を得ることができるので、1日何ページもやろうとする気持ちになっています。

ただ平仮名を書いて練習するだけではなく、形をなぞっていくところから平仮名を書くときに頭の中で形をイメージしたりして考える力がついてきたと思います。

”勉強”という視点だけではなく、工作もできるので、これまで親と一緒じゃないとやろうとしなかったのですが、自分から作るための道具を持ってきて今回は何を作るのだろう!と意欲的に自分からやろうとするところはポピーをやってきてるからだと思っています。


親と一緒に学んでいける


豪華な付録や機械付きの教材と違って一見古いイメージもありますが、3歳~5歳までの幼児期に学ぶ内容としては年齢にあっているし使いやすく、低価格で続けやすいと思います。

その頃に必要とされる指先の細かな動かし方や、指をさして物を数えたり、なぞったりと頭の中のイメージする力もついてくれます。

ゲームなどが主流となって、あまり子どもと関わる時間が持てない中でも、この1冊があればたった30分でも親と子供が向き合って、考えて、教えて、一緒になって楽しめることができるのが、ポピーならではだと思います。



【トップ記事】
ポピー教材の口コミや評判を徹底検証のページはこちら



トップページ

ポピー口コミや評判まとめ

ポピー利用者の声

学習のコツ(ポピー活用術)